会社名ネーミングの由来イメージ

会社名ネーミングの由来

味の素

商品名を変えることで大きなヒットになった商品があります。

そしてその商品のヒットのゆえに、社名もその商品の名前に変えられたという歴史を持つ企業があります。

「味の素」がその企業です。

味の素は。鈴木三郎助によって創業されました。

もともと神奈川県で母を手伝い、ヨードの製造によって生計を立てていたといわれます。

やがて、後を継いだ鈴木三郎助は、材料を安定的なものにすることに尽力すると同時に、製造過程も近代化して、家内工業から近代工業に発展させたのでした。

このヨード製造の過程でヨードホルムやヨードチンキを2次製品として生産することが可能になりました。

そこでこうした商品を医薬品として商品化し、ヒットさせます。

そこで彼は、鈴木製薬所を設立し、事業家の一歩を踏み出したのです。

明治41年に池田菊苗という人が昆布を研究し、その旨味成分がグルタミン酸ナトリウムであることを発見、その抽出に成功しました。

このとき、鈴木三郎助に声をかけたことで「味の素」はその歴史を刻み始めます。

池田が鈴木に声をかけたのは、鈴木が昆布からヨードを抽出することに成功していたからだといわれています。

そして明治42年には、小麦のたん白質からグルタミン酸を抽出することに成功。

「旨みのある塩」として製造を開始しました。

ところが、その商品名を「味精」と名づけ、その上、鈴木製薬所が発売していたことから、一般の消費者はそれを薬と誤解し、売れ行きは芳しくなかったのです。

そうした誤解や間違いを解くために、「味精」という名称を「味の素」に改称。

さらに「味の素」が料理用の調味料であることを伝えるために、お吸い物をイメージするお椀やエプロン姿の女性を描き、マークとしました。

大正末期には、「味の素」の名称は、一般の人々の間にも浸透し始め、調味料として確固たる地位を築き始めるのです。

苦労を重ねた後の、大正末期のことでした。

「味の素」のヒットをきっかけに、昭和7年には、社名を「味の素本舗株式会社鈴木商店」に改称。

さらに昭和21年、現在と同じ、味の素株式会社に変更。現在では、資本金79,863百万円(2010年3月31日現在)、従業員数が単体で3,755名、連結で27,215名(いずれも2010年3月31日現在)、を数える日本屈指の食品メーカーに成長しています。

会社名ネーミングの由来区切り線

会社名ネーミングの由来は、ネーミングについて解説しています。

会社名ネーミングの由来Pick!:カゴメ

ケチャップ、ソース、トマトジュースなどで消費者によく知られるカゴメ株式会社。 その社名の由来は、そのマークにあります。 1899年に創業し、1914年(大正3年)に設立された愛知トマトソース製造合資会・・・・

ページの先頭へ戻る