会社名ネーミングの由来イメージ

会社名ネーミングの由来

会社名ネーミングとその由来

会社名は、ビジネス上、非常に重要なものです。

会社名がその企業のイメージを決定付けてしまうことも珍しくありません。

非常に歴史の古い企業や、地域の中小企業の中には、立地する地名を社名に折り込むことで、その存在をアピールする場合もあります。

さらに、その地名自体に独特なイメージがある場合、その地名を用いることで、その地名のイメージも利用できるということがあります。

例えば、社名に「京都」とか「銀座」といった地名をいれるのは、そのひとつの例といえるでしょう。

逆に、グローバルに事業を展開するためには、世界で通用しやすいネーミングにする場合もあるでしょう。

英語をベースに、カタカナでつけられた社名などにはそのような由来を持つ例も多いと思われます。

さらには創業家の名前を関する企業も多くあります。

これは日本での企業の捉え方が世界標準から見れば非常に独特で、大企業といえども、家業的な要素を持っていることが背景にあるのかもしれません。

また創業者がその企業をどのようにしたいのかという夢がこめられているような社名もあります。

それは経営者が夢見ること、言い換えれば企業のビジョンを社員全体で共有するという目的も果たしています。

もともと企業は創業時には小さな零細企業であったことが多いわけですから、社業が順調に発展する中で、社業と社名に整合性が取れなくなるケースもよくあります。

特に多角化を勧める企業の場合、社名のイメージが企業の事業イメージを限定してしまう場合もあります。

そのような場合には、思い切って社名を変更するようなケースもよくあります。

その場合には、企業のCIやVIもトータルに変更し、グローバル企業に変化していくケースも多いようです。

いずれにせよ、企業名、会社名は、その企業が事業を行い、成長していく上で、非常に重要な意味を持ちます。

しかし、創業時にそのことを見通すのは容易ではないでしょう。

成長する企業ほど、そうであるといえるでしょう。

会社名ネーミングの由来区切り線

会社名ネーミングの由来は、ネーミングについて解説しています。

会社名ネーミングの由来Pick!:キリン(麒麟麦酒)

現在は、キリンホールディングスの一員である麒麟麦酒株式会社。 いわずと知れた日本の大手酒造メーカーの一社であり、三菱グループの一員でもあります。 その歴史は、1870年にアメリカ人のウィリアム・コープ・・・・

ページの先頭へ戻る